ジオポタ・インド支部始動! -- インド支部長としてデリーに赴任したムカエルがお伝えする、インド情報。

2015年5月24日日曜日

アーグラー小旅行

アーグラーへの小旅行。 20年振りにTaj Mahalを訪ねてみました。 
デリーからは片道約200kmの道のりですが、20年前と違って高速道路がつながっているので片道3時間弱の道のり。 十分日帰り出来る場所です。それにしても気温42℃の中での観光は疲れました(^_^;A


高速道路は日本と違ってほぼ一直線。運転手にとっては眠気を誘う作りです。
路面が荒れていたり所々に小さな隆起が有ってあまり快適とは言えません。
とは言え昔の様に一般道を行くのと較べるとはるかに楽です。

デリーを出てからしばらくの間、この様な煙突が高速道の両側に何本も見えます。
よく見たらレンガ工場みたい。この国ではレンガ作りの家が一般的なのかな?
料金所の事をこちらでは「Toll Plaza」と言うみたい。 日本での料金所の英語表記は確か「Toll Gate」だったと思う。 こういうちょっとした表現の違いが結構有ります。
例えば「expensive」が「costly」だったり「rest room」が「wash room」だったり。
高速道路の脇にちょくちょく人がいるのを見かけます。 路線バスでも止まるのかな〜?
でもバス停らしきものは何もありません。
これ以外にもバイクをガードレール脇から押し上げているのを見ました。 Toll Plaza逃れでしょうね(^_^;A
アーグラーの町並み。
高速を降りるともうすぐそこがアーグラーの街。
ごちゃごちゃとしているのはデリーと一緒です。
Taj Mahalは西門、東門、南門の3つがあるのですが、今回は東門から入りました。 東門の手前1km位の所にこのチケットオフィスがあります。
入場料は750ルピーと少々お高め。
その代わり冷えたミネラルウォーターのボトル1本とTaj Mahal入場の際に使うシューズカバーをくれるのと、門までの電気自動車が無料に。
東門まではこの電気自動車で移動。
ス〜と動いてなかなか快適。
なんだかインドらしくないな〜。
勿論お金を払えば馬車やリキシャで行く事も出来ます。 ご多分に漏れずこの辺りでガイドさんが沢山しつこく売り込みに来ます。

電気自動車の運転席の後ろに貼ってあったTaj Mahalに持ち込み禁止のもの。
アメやガムを含む飲食物がダメな他、ビデオもNGです(デジカメはOK)。
意外だったのは本の持ち込みも禁止な事。その分ガイドを雇えという事なのかも。
東門を入って200m位の所にあるTaj Mahalの正門。 この門だけでもかなり立派です。
これがTaj Mahal。1631年建立と言われています。
手前の水路に水が入っていなかったのが残念。
Taj Mahalはムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、熱愛した妃ムムターズ・マハルの為に建てたお墓だそうで、自身も黒大理石で作ったTaj Mahalt同じデザインのお墓を川の対岸(Taj Mahalの裏手に流れているヤムナー河)に建てて入るつもりだったそうな。 無念にも三男アウラングゼーブの謀反に破れ、アーグラー城に幽閉されたままその生涯を終えました。
Taj Mahalの前で自撮り。
iPhoneを車に置き忘れてしまったので一眼レフでパチリ。 回りのインド人がアホな事やってるな〜って顔で見ていました(^_^;A
Taj Mahalの中に入るにはシューズカバーをするか裸足にならなくてはなりません。
インド人は入場料が安い代わりにシューズカバーは有料(って言っても確か10ルピー=20円)となっていました。
Taj Mahal正門裏にあった回廊。
なんだか暑さを忘れる不思議な空間でした。
帰りがけにチケットオフィスで見かけたインド人の家族。 笑顔がとても素敵で思わずパチリ。
Taj Mahalの後に訪れたアーグラー城。
別名「Red Fort (赤い城)」とも呼ばれているらしいです。 このお城にシャー・ジャハーンが幽閉されたのでした。

アーグラー城から望むTaj Mahal。
隣を流れるのがヤムナー河。
この城に幽閉されたシャー・ジャハーンは失意の底に沈みながらこの光景を目にしていたのでしょう。 幽閉されて8年後にこの世を去ったのだそうです。
アーグラー城にて<その1>
アーグラー城にて<その2>
アーグラー城にて<その3>

さて、次はどこに行こうかなぁ?

2015年5月19日火曜日

こんな所で働いてます

私の勤めている会社の社屋。

大きな自動車工場の片隅のこの建物を半分借りています。 口の悪い連中は「牛舎」などと呼んでいますが、エアコンもあるし水洗トイレも付いているし、贅沢は言えません。

建物のもう半分が託児所になっているので、会議中に子供達の嬌声や泣き声が聞こえてくるのはご愛嬌。

お庭の木々にはリス達がチョロチョロと動き回っています。 半年後には新社屋に移動する予定。

乾いてます

iPhoneの「天気」の本日のスクリーンショット。 気温41℃も暑くて大変ですが、湿度22%というのもかなりなもの。 意識して水分を補給しないと知らず知らずのうちに脱水症状気味になってしまいます。

2015年5月6日水曜日

酷暑到来

今年のデリーは暑さの到来が遅いとの事。

いつもなら4月には40℃越えとなるのらしいですが、確かに先月はせいぜい40℃行くか行かないかという日が数日有った程度でした。がここに来てとうとう酷暑到来。今日は43℃まで上がりました。でも昨年は50℃近くの日もあったとか。

体温を超える気温は確かに暑い! ただ日本と違って乾燥しているので身体にまとわりつく様な不快感はありません。でも油断大敵。日本の夏の様には汗をかかないので、ついつい水分補給を怠りがち。知らず知らずのうちに脱水症状になる可能性があります。

 実は私、あまり水を飲まない方なのですが(ポタの時もボトルが空になる事は滅多にありません、、、って言うか良くボトルを持って行くのを忘れるし(^_^;A) 昨日はどうも体調が思わしくなく、今朝ふと思いついて意識的に水を飲む様にしたら目出たく復調。どうも脱水症状になりかけていた様です。「くわばら、くわばら」でした。

2015年5月4日月曜日

インドの水事情

インド駐在と言うと水の事を大変心配してくれるお友達が多いので、我が家の水事情をご紹介します。

これまで仕事の関係で多くの進展国を訪れましたが、水の良し悪しは口に含んだ時の感覚である程度想像出来ます。一般的に言ってこの国の水道水は確かに飲むのには向いていないと思いますが、私のアパートの蛇口からのお水は口に含んでみても全く違和感はありません。まぁ歯磨きをする位なら全然問題無しです。加えて台所のシンクの下には大型の家庭用浄水器が設置されていて安心感倍増。私は果物や野菜などはこの浄水器を通した水で洗ってそのまま食べていますが、今のところ全く問題ありません。

食器洗いの時には、まず通常の蛇口からの水で洗い、最後に浄水器の水で仕上げるようにしています。流石に直接飲むのはちょっと気が引けているのですが、多分一度沸騰させて冷ませば全く問題なく飲む事が出来ると思います。まぁそうは言ってもやはり心配ではあるので飲み水はミネラルウォーターに頼っていますが、、、

水と言えばある出張者がナイジェリアに来て、ホテルの水が信用出来ずにコカコーラ(当時ミネラルウォーターは一般的でなかった)で歯磨きをしたと言う事がありました(^_^;A


壁から出ている蛇口が浄水器を通して
いない水道の蛇口。
その右のシンクから
出ている蛇口が浄水器を通した蛇口
です。
シンクの下に設置されている浄水器。
日本で売られてい
る家庭用の浄水器
と較べてかなり大掛かりに見えます。

参加ユーザー

Powered by Blogger.